現在のページ : トップページ

リロケーションとは

「リロケーション」とは、英語でrelocationと表記し、「移転、再配置」を意味し、そういった場面での各種手続きなどを代行するサービスをリロケーションサービスといっていますが、日本では、「転勤などにより留守になってしまった住宅を管理し、会社や一般の個人に短期間賃貸などを斡旋すること」を意味し、その代行サービスをリロケーションサービスといっています。

2000年3月に「定期借家制度」が導入されました。
これは、優良な賃貸住宅の供給をしやすくすることを目的とした特別措置法です。
大正10年に、借地をする人や家を借りる人を守る「借地法」が施行され、地主や家主は正当な理由がなければ借地・借家の更新を拒むことができずにいました。
これは、住宅難による住宅の確保が難しい社会情勢から、借り手側の保護を優先させ、住宅の確保を促す国の方針からきています。
貸し手側が借地や借家の更新を拒みたくとも、借り手側優先の法律により、立ち退きは難しく、大金を払って立ち退いてもらうような事態になることも多々ありました。

こういった経緯から、新しい借地の提供が極端に少なくなってしまい、また、借家の場合も古くなって建て替えようとしてもそこに借り手側が居座ってしまうとそれも難しく、古びた借家が点在するという事態になってしまいました。
そういった弊害の打開のために、これまでの借地・借家関連の法律を廃止して新たな法律を作りました。
それが1992年に創設された「借地借家法」です。
一定の期間の後に契約が終了し、土地や借家を貸主に返還することを法律で定めたのです。



■Special Link
転勤などにより留守になるマンションを貸すリロケーションサービスが受けられます … マンション 貸す